乳歯にはどのような治療が必要なのか

小さい虫歯の場合は、様子を見るだけに留まる場合があります。 その理由は、乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わるからです。 治療する場合でもフッ素を塗ったり、少しだけ削って詰め物をしたりする非常に簡単な方法で終わります。 子供に与える負担も、少なくなります。

虫歯になったばかりの頃

虫歯の進行具合によって、治療方法が変わります。
特に乳歯はこれから抜けて永久歯に生え変わるので、本当に初期症状の虫歯だったり、もうすぐ抜けそうな歯だったりしたらそのまま様子を見ます。
まだ抜けそうにない乳歯が虫歯になった時に、症状が軽い場合はフッ素を塗って経過観察を行います。
さらに少しだけ削り、詰め物をして終了になるケースが多いようです。

虫歯がどんどん進行すると、歯の象牙質にまで達してしまいます。
その頃になると、冷たい水やアイスがしみるという症状が起こるので子供でもわかりやすいです。
痛みを感じる場合は、乳歯でも早急に治療をしなければいけません。
この時も削って、詰め物をする治療方法が採用されます。
これよりもかなり症状が進行すると、今度は歯の神経にまで虫歯が到達してしまいます。
もっと激しい痛みを抱くようになるので、早めに歯医者に行かせることを心がけましょう。

かなり虫歯が悪化して乳歯が崩壊している時は、抜歯をして治療します。
しかし乳歯は通常の歯と状態が異なっているので、抜歯の方法も変わります。
乳歯が生えている年齢の子供は、歯の治療を嫌がるかもしれません。
無理に治療を進めると子供が歯科恐怖症になることもあり、とりあえず虫歯の進行を食い止める薬を塗って様子を見ます。
そして子供が歯医者に慣れてきたら、少しずつ歯を削るなどの治療を進めていきます。
大掛かりな治療が必要にならないよう、しっかり子供に歯磨きをさせましょう。

放置すると悪化していく

乳歯でも、虫歯を放置すると悪化してしまいます。 歯医者に見せないでそのままにすると虫歯を食い止めることもできず、痛みを感じるようになるので注意してください。 特に神経まで虫歯が到達すると激しい痛みを感じ、日常生活に影響を与えるので早く治療しなければいけません。

歯医者に慣れさせよう

子供が歯医者に対して恐怖心を抱いている時は、乳歯の治療ができません。 無理に治療すると、もっと恐怖心が大きくなって歯医者に行けなくなってしまいます。 早く子供が歯医者に慣れるように、定期検診に行くように習慣づけると良いでしょう。 虫歯の早期発見にも繋がります。

TOPへ戻る