放置すると悪化していく

象牙質という部分にできる

歯のエナメル質にできていた虫歯が進行すると、どんどん象牙質にまで迫っていきます。
この頃になると自覚症状が現れやすいので、小さな子供でも訴えられるでしょう。
冷たいものを食べたり飲んだりした時に歯にしみて、痛みを感じる場合は象牙質に虫歯が達している証拠です。
歯医者に行って、治療してもらってください。

この時もエナメル質の治療と同じように、削って詰め物をします。
しかし虫歯の部分が大きい場合は、型取りをしてから詰め物を用意しなければいけません。
その場合は1回で治療が終わらず、何度か通院することになります。
このように悪化すると、心身に与える負担が大きくなると覚えておきましょう。
普段から悪化させない取り組みが重要です。

神経を残す治療も可能

虫歯を放置すると、次第に痛みが大きくなって眠れないレベルになります。
日常生活を送る時に支障が出ますので、この段階になるまで虫歯を放置しないほうが賢明です。
この時は神経にまで虫歯が達している可能性が高く、神経を取る治療が行われます。
ただ子供の時は大人に比べて、神経の再生能力がかなり高いと言われています。
治療の際に神経の一部を残しておけば、自然と再生するかもしれません。

神経の一部を残す治療方法を生活歯髄切断法と呼び、実際に行われています。
この方法は適応できるケースが限られているので、全ての治療で可能なわけではありません。
医師と相談しながら、子供にとってどのような治療方法がベストなのか判断しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る